【コロナの時代を生き抜く(1) この状況下でもサバイバルできる人がやっていること】

      2020/06/21

この記事は 51 いいね!されています。(以下はリニューアル後の数値です)

LINEで送る

 
僕はもともとMacBook一台で仕事の9割が完結することもあり、
お陰様で、この状況下でも着々と仕事が進んでいます。
移動時間が減り、集中できるだけに、
かえって生産性は上がっているかもしれません。
 
デザイナーさんやイラストレーターさん、
編集者にも仕事を次々と発注し、納品してもらっています。
(ついでに請求書も送ってもらっています)
 
今の時代、オンライン化できる職種が非常に増えてきました。
本当にすごく便利で、画期的な働き方が実現しましたが、あなたはどう感じていますか?
 
「便利なしくみがあっても、うちの職業じゃ絶対無理」
 
と言いたい人も、大勢いると思います。
これまで順調にビジネスを回していた人でさえ、
 
「今のタイミングで売れるはずがない」
「お店を閉めたばかりだし、手も足も出ない」
 
そんな言葉も耳にします。
 
そのお気持ち、よくわかります。
 
特に店舗系サービスの方は、苦しい状況が山のようにあるでしょう。
 
 
でも他方では、
「相変わらずお客様が先々まで予約でいっぱい」という人もいます。
 
「こんな時だから頼むわ」
「心配だから、お願いに来ました」
 
そんな「お店」(リアル店舗)もあるのです。(注・都市圏ではありません。念のため)
 
 
今回お伝えする話は、
都市圏で行政指導のもと、閉店せざるを得なかった方には
関係ない話に聞こえるかもしれません。
 
でも、「そうか、こういうやり方もあるんだな」とご参考にしていただければ
きっとこれからの時代を生き抜くヒントになるはずです。
 
d588567f342a7335abae7297629a8f9d_s
 

●オンライン上で「信頼残高」を築く

  
不安、不透明な時代を生き抜く人やお店の特徴の一つは
「信頼残高を山のように築いている」ことです。
この言葉になじみがない人も多いかもしれませんね。
この「信頼残高」という言葉を世界中に広めた
フランクリン・コビー博士によると、
 
人間関係を銀行口座にたとえ、
人間関係における信頼の度合いを「信頼残高」と呼びます。
 
通常であれば、それぞれの人間関係においても、
ビジネスにおいても、一定の「信頼残高」を築いた上で
商品やサービスを「お金」を介して買ったり、提供したり、受発注したりしていることでしょう。
 
ところがコロナの時代になると、
その「信頼残高」がオンライン上でどれぐらいあるか?
重要になってくるのです。
 
どんなに老舗の店でも、
秘伝のタレを100年に渡って使い続けている超有名店であっても、
この「オンライン上の信頼残高」の有無がサバイバルの明暗を分けています。
 
先日の記事でも紹介した鰻屋さんは
「お食事券」の販売でこの厳しい局面を乗り越えることに成功しましたが、
要はネット上での「信頼残高」があったから。
 
 
同じように老舗の店、お食事券を販売した店もあったかもしれませんが、
リアルでは「商圏」に限りがあるし、
拡散スピードも桁違いに遅いので、オンライン(インターネット)に敵いません。
 
もしこの鰻屋さんがフェイスブック等を通じて
日頃から発信していなかったら、どんなに優れたコンサルの強力な後押しがあったとしても
「お食事券」の販売作戦はうまく機能しなかったでしょう。
 

●「次の事態」に備えるために

 
前述のフランクリン・コビーは、こうも言っています。
 
信頼残高は、引き出すことは簡単でも、
「預け入れ」は日々コツコツと積み重ねていくしかない。
 
このことはリアルでも、ネットでも同じです。
赤福や〇〇信金のように、一発退場、という事態もありうるのが
怖いところ。
 
 
一方で、この「信頼残高」をたくさん積み上げた人や会社を、
人はいよいよ困ったとき、困難にぶつかった時、頼りにします。
 
  • 実際にピンチを救ってもらった
  • 健康を回復した
  • 必要な解決策を教えてもらった
 
など、コロナ災厄下のピンチを逃れた事例からも見聞きしています。(詳細はまた別の記事に!)
 

●オンラインでは「しくみ」が必要

 
オンライン上での信頼残高は、測定することができます。
どうすれば、それを伸ばすことができるか、メソッドも確立しています。
そして「しくみ化」することで、無理なく信頼獲得をしている人が成功しています。
 
オンラインの場合、
「人との接点」を作るとよりうまくいくのですが、
直接会わずとも、信頼を獲得することは可能です。
 
一番わかりやすいのがYouTubeでしょう。
ネット上に自分の分身を配置して、何万回でも、何億回でも(そこまで行く人の数は少ないですが)再生することで、
信頼残高を積み上げているのです。
 
そのほかにも、オンラインでの信頼構築で必要なことは次の3つが挙げられます。
 
・オンラインでの信頼構築には「コンセプト」が必要
・オンラインでの信頼構築には「違い」が必要。
・オンラインでの信頼構築には「マーケティング」が必要。
 
そもそもオンラインでしか販売しない本を作り続けて、販売数を伸ばしながら
著者さんの本以外に「本業」の販促・販売にも貢献してきた僕ですが、
少しずつメソッドが明確になるにつれ、結果も出やすくなってきました。
 
そこで、このタイミングに、緊急でお困りの方向けに、
「個別コンサル」を始めることにしました。
 
いまはまだお申し込みページを準備している段階なのですが、
興味のある方は、よろしければ下記の小冊子をお申し込みください。
登録していただいた方向けにメルマガを発行していますので、
メルマガを通じて「個別コンサル」のご案内を優先的にお知らせさせていただきます。
 
知恵を絞って、この荒波の時代をサバイバルしていきましょう!
 
%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99
LINEで送る

 - 本づくりのキーポイント, 集客 , , , , , , , , , , , ,