クリエイトブックスについて

LINEで送る

11542558_10207047193086649_703003315_o

こんにちは。クリエイトブックス代表の岡山泰士です。
 
クリエイトブックスでは、
「これから本を出版したい人」
「まだ1冊も本を出した経験が無い人」
という人に、出版サポートサービスを提供しています。
 
人生で最初の本を出して「著者」となっていただき、出版をきっかけに、
ビジネスや夢の実現を加速したい人をサポートしています。
 
僕は山と溪谷社という老舗出版社で約20年間、編集者をしてきました。
その間、100人の著者さんをプロデュースして、
計100万人の読者に本をお届けしたり、

マネージャーとして大きなプロジェクトを統括させていただき、

4年間で8億の粗利を出すなど成果は出たのですが、
その一方で奥さんが寝たきりになってしまったのです。
 
「もっと奥さんとちゃんとむきあわなければ…」と真剣に反省し、
ひとまずは会社を卒業し、ちょうど仲間から出版サポートの依頼を受けていたこともあり、
2012年4月にクリエイトブックスを立ち上げました。
 
実は、ここ25年間ものあいだ、出版界はずっと右肩下がりの斜陽産業です。
 
・町の本屋さんが次々とつぶれる
・老舗出版社も本が売れず、大量の不良在庫が経営を圧迫
・大手取次さえも約4割の大量返品のせいで厳しい状況。
・本が売れない時代に、やたら出版点数が増えて編集者が疲弊する…
 
でもこんな逆境のなかでも、僕たちクリエイトブックスの本は
 
・アマゾンでジャンル1位になる本が続出
・読者プレゼント企画からのお申込みが千件に迫る
・出版後にセミナー、ワークショップを各地で開催
・ラジオや専門誌、有名メルマガなどで本や著者さんが紹介される
・出版後は個人コンサルが倍増し、高額商品や長期契約が売れた。
 
などの成果をあげてきました。これらの経験を通して、
 
「本は、きちんとしたコンセプトがあれば売れる」
「いい本は、読者はもちろん、著者の人生を変えることができる」
 
ことを確信しています。
 

お客さまの声はこちら

 

クリエイトブックスのミッションは、

「本の出版を通じて、著者と読者の夢の実現をサポートする」

ことです。

本は出版するだけで、終わりではありません。
実は、本は最高の「夢実現ツール」なのです。

なぜなら、あなたの本を読んでくれた人が、
自然とあなたの夢の実現を応援したくなるからです。

あなたが本に込めたあなたの夢やメッセージに共感した人が、
あなたの応援団となり、あなたの活動を応援したくなるのです。

「本」があなたの名刺代わりとなる時代。
本を出すことで、あなたが実現したい夢は何ですか?

あなたの「夢実現」を、クリエイトブックスは全力で応援しています!

本の「出版」があなたの夢実現を加速させる
Create Booksロゴ2
 

 〜CREATE BOOKS のミッション〜
誰もが生まれ持った創造力を表現する喜びを、
地球上すべての人に
The Creatiivity Expression Company
 
岡山泰士(おかやま・やすし)

出版を通じて夢実現のお手伝いをする「クリエイトブックス」代表。小さい頃からの本好き、自然好きが高じて、老舗の自然系出版社「山と溪谷社」の編集者になる。20年間に渡り、初めて本を書く人から東大教授、著名写真家から、テレビでおなじみの華道家まで多彩な著者とともに100冊の本を企画・編集。これまで100万人の読者に本を届けてきました。

出版業界で2割以下とされる「重版率」は、トータルで8割を維持し、海外で翻訳出版された本も多数。
趣味は読書、音楽、散歩、旅行、ジョギング、登山、ダイビングなど。理学修士。日本環境ジャーナリストの会理事。

著書に『本を出版したい人のための 8つのステップ: あなたも作家になれる!』がある。

編集した本の一部は下記をご覧下さい。

 
 

LINEで送る

公開日:
最終更新日:2017/11/22


 comment
  1. 土田大介 より:

    初めまして!

    ヒーローさんからご紹介をしていただきました、土田大介と申します!
    岡山さんのブログやYouTubeを拝見させていただきまして、とてもプロフェッショナルで温かい人柄で信頼出来る方だと誠に勝手ながら思わせていただきました\(//∇//)\

    そして僕の長々としたFacebookの雑な文章を読んでいただいたみたいで、本当にありがとうございます!

    僕は今自身の闘病生活を描いた自伝を出版して、日本中の1人でも多くの方々へ手に取ってもらえる本を作りたいと本気で考えております!

    理由としては、本を出す事で今まで心配しかかけてこなかった家族や仲間達や知り合いの方達、そして僕の命を救ってくださったドナーさんへの恩返しになると思ったからです!

    もうひとつは、この本を出す事によって日本中の1人でも多くの方々に他人事ではなく、自分事として骨髄バンクや献血にもっと興味や関心を持っていただきたいという強い想いがあります!

    お会いしてもいないのに長々とメッセージしてしまい、すみません!笑

    ヒーローさんが信頼されている岡山さんに1度お会いしたいと思い、誠に勝手ながら連絡させていただきました!

    Facebookに友達申請とメッセージを送らせていただきましたが、こちらからも送らせていただきます!
    何度も何度も申し訳ございません!

    • Create Books より:

      こちらにコメントいただいていたんですね〜!
      気づくのが遅れて申し訳ありませんm(_ _)m
      その後、連絡取れてホッとしています。
      引き続きどうぞよろしくお願いします。

      CB岡山泰士

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA