商業出版のための「出版コーチング」プログラムのご案内

LINEで送る

【出版コチーングとはなにか】

「出版コーチング」は、ちまたによくある「出版コンサル」とは異なります。

「出版」という目標に対して、クライアントさまにはどんな課題があり、
それをどう解決するかを具体的に提案することもあります。
しかし、あくまでその活動の主体はクライアントさまです。

・「出版コーチング」では、著者に代わって原稿を代筆することはありません(笑)

「出版コーチング」は、クライアント様、つまり著者様が持っている潜在的な能力
——表現力、創造力、構想力など——を最大限に引き出すために、
プロセスを検討し、そのプロセスが継続しやすい提案を行ない、
ベストなタイミングでサポートやアドバイスをしながら、
「出版」というゴールまでご一緒いたします。

基本的に、どの本でも出版までのプロセスは変わりません。
その全体像は『本を出版したい人のための8つのステップ』にまとめた通りですが、
出版までのベストな手段やツールは、
クライアント様の状況やスキル、得意・不得意などにあわせて検討する必要があります。

クライアント様の潜在的なスキル、使命、本当に実現したい姿を確認しながら、
その実現をサポートすること、
つまり「作家としての潜在的な力を引き出す」ことが「出版コーチング」プログラムです。

そのプロセスのすべてがオーダーメイド。
ときどきで「ベストな道」を確認しながら進めます。

【編集長との連続個人セッション】

コーチ役は、老舗の出版社で20年間の編集経験を持つ、
クリエイトブックス代表の岡山泰士にお任せください。

100冊を超える編集・プロデュース経験、
100万人の読者に本を届けてきた経験を、
あなたの出版のためにご提供させていただきます。

  • なぜ書けなかった原稿が書けるのか。
  • なぜ売れないと思われた原稿が売れるのか。
  • なぜプロデュースした本の書評が、同時に新聞5誌に掲載されたのか。
  • 8割の本が「重版」を重ねてきたのか。
  • なぜAmazonでジャンル1位を5年間キープすることができたのか?
  • なぜ著者が、本の出版後に次々と「夢」を実現するのか?

その理由を実感してください!

【成功のプロセス】

ほとんどの人が、自分の本当の能力と、著者としての成功のプロセスが見えていません。
それは、一般の「読者」との違いを知った「著者」としての自覚に目覚めていないからです。

「何をもって成功とするか」が一人ひとり違うように、成功までのプロセスも人それぞれ。
だからこそ、
これまで100冊を超える商業出版の企画・プロデュースを通して得た
経験、数百人の著者とのクリエイティブな時間を通じて得た豊富な経験を活かして、
クライアント様にとっての「本当の成功」までの道筋をご一緒します。

【一番大切な質問】

これからの3ヵ月の間に、あなたは何を達成したいですか?
3ヵ月後どうなっていたいでしょうか?

クライアント様の「コミットメント=決意」がスタート時点で重要です。

その目標に添って、
編集者としての20年間の経験、スキル、人脈、才能、アイデア、企画力、情熱のすべてを
惜しみなくご提供しながら、
ゴール実現のために全力でサポートさせていただきます。

【6つのお約束】

  1. 3ヵ月後の「ゴール」を確認し、その達成のためにベストな道をいっしょに探ります。
  2. 隔週のスカイプまたは対面セッション(90分×6回)を行ない、
    そのフィードバックレポートの作成を毎回行ないます。
  3. 毎回課題を出して、次のセッションまでに進捗状況を確認します。
  4. クライアントさまとの対話を通じて知ったプライベートな情報を護ります(守秘義務)。
  5. フォローアッププログラムを通じて結果にコミットします。
    次の3つの成果物を最高最善のタイミングでご提供します(オプション。コーチングプログラムと同時進行可)
    A.「小冊子」のアマゾンでの出版
    B.「電子書籍」のアマゾンKindle出版
    C.「商業出版」のための原稿執筆と希望する出版社への企画提案
  6. メールサポートは期間中無制限。

【成果物のカタチを明確にする】

  • 書き下ろし原稿の脱稿(タイトルは「○○○○」)
  • 電子書籍の発売開始(発行日は○○○)
  • 商業出版のための企画提案と決定(出版社は○○○)
  • 3カ年計画を立てて、1冊目のタイトル、2冊目のタイトル、3冊目のタイトル(本を出す時期と順番を決める)
  • 本を出版したあとの「自分像」を明確にもつ。次の本の出版、雑誌掲載、新聞・ラジオ・テレビなど他メディアへのアプローチ、セミナー開催、個人セッション、スクール開催、教材開発、FCなど事業経営、家族との時間の過ごし方、作家としての在り方など。

【全体のロードマップをつくる】

最初のセッションで、3ヶ月後のゴールとその後のビジョンから逆算して、全体の工程表を作ります。

いつ、なにが、どうなるのか、どうなっていたいのか。

これがあると、クライアント様にとって「達成感」「安心感」が違います。

毎回のセッションごとに現在地を確認し、
その振り返りからの軌道修正をロードマップ上に反映させます。

成果物としてできあがるものが、クライアント様の「本当の目的」にどう活用できるのか。
その意義や戦略も考慮した「未来像」「ゴール」を共有します。

人生を変える!『出版コーチング』3カ月プログラム

・隔週の対面、またはスカイプセッション
・1回90分×6回
・期間は3か月間
・メールサポートは無制限
・原稿チェックはサービスでご提供(編集単独のご提供だと1冊40万円〜)
・ゴール設定は、小冊子アマゾン出版、Kindle出版、商業出版、販促サポートのいずれか。
計6回×5万=30万円のところ、一括お支払いで28万8000円(税別)

【オプションプログラムのご案内】

【あなたが3ヵ月出版コーチングプログラムを終了した後のイメージは?】

A・小冊子を制作し、アマゾンおよびご自分のセミナーや講演会等で販売している
B・電子書籍Kindleをアマゾンで販売している
C・商業出版の契約向けて営業活動し、その結果として企画がゴーサインになっている

ご要望によりお選びいただけるクリエイトブックスの出版サービスには以下のメニューがございます。

【あなたの「出版」を後押しするスキームをベストなタイミングでご提供します】

A・「小冊子の作成・印刷受託」 ISBNコードを付与し、アマゾンで販売します。
B・「電子書籍の制作・販売」 アマゾンKindle(KDP)サービス上で、販売。
  販促スキーム提供、バックエンド販売につながる仕掛けを電子書籍内に構築します。

◎3ヵ月コーチングと同時申込では、15万円(税込)でご提供させていただきます。

C・「作家エージェント契約」 著者に代わり、出版社に出版権の営業を行ない、契約条件を詰めて、成約サインまでサポート。
  出版後の販売戦略とスキームを出版社、著者と共に練り上げていきます。
  ・企画書を書き上げ、各出版社への営業活動スタート(登録費30万円)
  ・成果報酬(印税収入の30%)
  ・2冊目、3冊目のタイトルは? 1冊目から著者の成功シナリオを描く。
  ・作家の窓口として、著作権保護、販促、企画提案を継続しながら、作家のためのコーチング業、情報提供をサポート。
  ・取材インタビューの窓口、映画化、マンガ化、アニメ化、ドラマ化などの契約窓口担当。
  ・2年目以降は年間契約。

◎3ヵ月コーチングと同時申込では、登録料を15万円(税込)でご提供させていただきます。 ボタン3

LINEで送る

公開日:
最終更新日:2016/12/05


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA