【コロナの時代を生き抜く(2) オンライン講座を作るために必要な5つのツール】

   

LINEで送る

今、オンライン飲み会やオンラインお茶会がはやっています。
あなたも一回ぐらい参加したことがあるのではないですか?
 
「意外と楽しい」
 
というのが僕も初参加してわかったことではあるのですが、
問題は、それをどう「ビジネス」や「売上」につなげるか。
 
リアル店舗を閉めたり、営業時間の短縮を余儀なくされている方にとって、
オンラインで講座を開催したり、サービス提供できるかどうかは
喫緊の課題です。
 
そこで今回は、「最低限これだけあればできる」という
オンライン講座づくりのために必要なツールについてまとめてみました。
 
それは次の5つです。
 
  1. ペライチ(お申し込みページ)
  2. zoom(テレビ会議)
  3. paypal(カード決済)
  4. Agree(電子契約書)
  5. Google フォーム(アンケート回収/試験問題づくり)
このあと順に説明していきますが、念のため
スマホかタブレット、PC(またはマック)を持っていることは
「大前提」です。
 
特にスマホですが、やっぱり「iPhone」がオススメです。(安くてもいいので、三脚も必要です!)
 
パソコンがない人も、iPhoneさえあれば、オンライン講座を作ることもできます。
スタートにあたって、お金も時間もかけられない人は、
せめてある程度は新しいスマホで「動画撮影」できるかどうかを確かめましょう。
 
iPhoneなら、NHKのディレクターさんも4K用放送で部分的に使っていたほど、高いクオリティーがありますので安心です。
 
メモリーも「256GB」ぐらいあると、何時間撮影しても問題なし!
おまけにトリミング(不要な箇所をカットする作業)もiPhone内で完結できるので、
そのままYouTubeやVimeo(オンラインスクールにオススメの動画再生サービス)
にアップロードできますから、超便利です!
 
それでは順番に説明していきましょう。

8ae9c616a8fe857ec637521f9fa0fef1_s

スマホやPCを使いこなせれば、オンライン講座やオンライン教室だってできる時代。全体の「設計」や「流れ」を押さえておきましょう!

 

① ペライチ(お申し込みページ)

 
無料で始められる「お申し込みページ」作成サービスです。自分に合ったデザインフォーマットを選ぶだけなので、半日で「お申し込みページ」が簡単にできます。
 
申し込み時に必要な「記入欄」もあり、決済サービスとも連携できますので、プロ並みのデザインが確実に作れます。また、アクセス件数を記録したり、ABテスト(2種類作ってどっちが良いか比較検討する方法)もできるので、ほぼこれで完璧でしょう。
 
自分でキャッチコピーや開催日時などを更新できるので、業者任せより早くて安く済みます。
 
 
 

② zoom(テレビ会議)

 
動画を撮るには業者に発注して、一眼レフカメラで収めると高画質な動画が撮れます。
ただし、それには30万円とかが相場です。その余裕ができるまでは、zoomを使いましょう。
テキストやファイルの画面共有と、自分の顔を同時に収録できて、しかも無料で始められます!
 
一番安定しているし、100人同時でも話せます。(Facebook、Line、Hangoutとの比較)
相手のパソコンをリモートで操作することもできます(ホームページの設定なども遠隔でOK!)。
パスワードを使って管理することで、「乗っ取り」も避けられます。
 

③ paypal(カード決済)

 
手数料が4%以下で、使ってる人が多く、一番お勧めできます(使う側も慣れてることが多い)。
決済用のURLをメールでお送りするだけでOK!その場で決済まで進めることができます。
僕はお申し込みページ(ペライチ)と連動させているので、タイムラグなく、ストレスをできるだけ減らすことで、「途中でイヤになって申し込むのをやめた」という方が減るように配慮しています。
 

④ Agree(電子契約書)

 
これからは、全てオンラインで完結しないと、お申し込みし損なう時代です。
たった一つでもオフライン(紙の契約書とか)があるだけで、そこがボトルネックになります。
そして、そうこうするうちに契約を逃してしまうのです。それを避けるためには、電子契約書も必須です。政府でも電子契約の推進が進められている時代。信頼性の高さがAgreeの強みです。まずは無料で試してみましょう!
 

⑤ Google フォーム(アンケート回収/試験問題づくり)

 
体験会等で欠かせないアンケートももちろん、オンラインで。
Googleフォームならストレスなく作れるし、回答する方もスマホ、タブレット、PC、マック、すべてで見やすく使いやすいアンケートフォームが簡単に作れます。そして集計するのも超楽!(これが重要)
もう一つ意外と知られていないのが、資格試験などの「テスト」をこのGoogleフォームで簡単に作れること。採点も自動でできるので、一度使い始めると止められません!
 

●まとめ

このようなツールを用意すると、オンライン講座のお申し込みから決済、契約、実施、終了後のアンケートもすべて揃います。
例えば資格を発行する講座の場合、最後の試験までオンラインでできると、
 
「こんなに楽だったんだ!」
 
と感動的に作業効率が高まることを実感できます。
そうやってストレスが減った分、講座内容をオンライン化することに注力しましょう。
 
1日も早く、あなたのオンライン講座がスタートして、クライアントさんの成功と社会への貢献が実現できますように! 
 
ロゴ
LINEで送る

 - 本づくりのキーポイント, 集客 , , , , , , , , , ,