【リモートワーク時代の働き方改革】

   

LINEで送る

今まで一部の大企業で進められてきたリモートワーク。
(テレワーク、在宅勤務などの言い方もあります)
 
会社とのつながり、家族とのつながり、友人・知人とのつながりなど
「人とのつながり」が改めて変わってきた
実感している人も多いのではないでしょうか?
 
リモートワークになれば、仕事のやり取りは
基本的にはPCやスマホ経由です。
顔を見合わせたコミュニケーションではないので、
その難しさを感じている人も少なくないでしょう。
 
一方、家事や育児に割く時間が増えて、家族との関係は深まります。
逆に、緊張感が高まることもあるでしょうが、
それはそれで課題に向き合う良い体験かもしれません。
 
さらに、ブログやYouTubeやFacebook、インスタなどに
接する時間が増えますよね。
つながりがある人は「今元気かな?」と気になります。
 
そんななかで、これからの「働き方」はどう変わっていくのでしょうか?
 
リモートワーク

我が家のリモートワーク環境は、かなり快適です。広いし、リラックスできるし、集中力を妨げるものもなし。これもMacbook1台で9割完結するワークスタイルを確立したから

●個人はどんどんオンラインでつながっていく!

 
国どうしの行き来が減れば減るほど、
会社にいる時間が減れば減るほど、
「オンライン」でのコミュニケーションが増えます。
 
オンラインサロンやFacebookグループなど、
「オンラインでつながれるコミュニティー」
に入っている人も多いでしょう。
 
僕の場合は、ビジネス系、メンター系、出版関係の
Facebookグループやオンラインサロンに入っていますが、
いずれも「仲間」「助け合える仲」という
フラットでありがたい関係性にいつも救われています。
 
  • 情報交換をしたり
  • 近況報告をしたり
  • 悩み相談をしたり
  • 応援してもらったり
  • プチ自慢しあったり(笑) 
何かそういう小さいことでもフィードバックがあるだけで、
 
「よかったー」という気持ちも深まりますし、
「よし、もう一息頑張ろう!」とか
「そうか、この方向は軌道修正しよう」とか
 
自分自身の行動やあり方を見直すための
大切な存在になっています。
 

●もう元の働き方には戻れない!?

 
ここでお伝えしたいことは、
実はビジネスや働き方も、今後ますます
「顔の見える個人と個人」「個人と特定の集団」
との間で成立するようになるということです。
 
少し前に副業解禁時代と言われていましたが、
実は国や会社の存在が相対的に小さくなり、
個人の可能性を最大限活かせる環境やツールがほぼ出揃うと、
 
リモートワークがこのまま「一般的な働き方」になり、
同時に「副業がメイン」になる可能性もあります。
この流れが定着すると、もう元には戻れません。
 
  • 通勤の苦労がなく
  • 感染症のリスクがなく
  • 移動に伴う無駄な時間もなく
  • コミュニケーションは “ChatWokrk” などのツールで完結
  • 週一のzoomミーティングがあれば「仕事」上の不便がまったくない!
 
それが「標準的な働き方」「人気のある働き方」になっていくでしょう。
そうなると、どこに住もうが、いつ休もうが、誰とどれだけ働きたいかも
主体的に選べるようになるのです。
 

●オンラインで完結するビジネスですか?

 
あなたは事務所を借りたり、店舗を持っていたり
スタッフを抱えているかもしれませんね。
3月末の資金繰りのメドはつきましたか?
 
コロナ騒動の収束のめどが見えない中で、
不安が募る人もいると思います。
 
そんな時、今のこの状況・条件をチャンスに変えるには
「既存のお客様がいま何に困っているか」
をしっかりリサーチすること。
 
そして「それを解決・解消できるような商品・サービスをオンラインで提供できないか」
に知恵を絞りましょう。
 
いくつかのアイデアが出てきたら、その商品の
「お申し込みページ(ランディングページ)」を作り、
大切なお客様たちにお伺いを立ててみましょう!
 
もしそれが本当にお客様が困っていること、
悩んでいることを解決・解消できるのであれば、
ちゃんとお申し込みいただき、売り上げにつながるはずです。
 
商品・サービスをリリースすることを最速でトライしましょう。
売り上げを作ることで、不安も消えるし、自信も湧いてきます。
そして、同業者へのコンサルティングサービスも視野に入ってくるでしょう! 
%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99
LINEで送る

 - 本づくりのキーポイント, 集客 , , , , , , ,