【インターネット上に「仕組み」を作ると〇〇が得する!】

   

LINEで送る

あなたはなにか「仕組み」を作ったことはありますか?

僕は元々編集者なので、本づくりのためによく「仕組み」を作りました。

  • 出版物を製作する品質・プロセス管理
  • 間違いがないかチェック表
  • ワークフローをまとめたマニュアル作り
  • 進行スケジュールの共有

これらは結局、「チームで仕事をする」ために用意した「仕組み」です。
こうすることで、一人で作業するよりも何倍も早くて、正確で、売上も成長します。

また個人的なことで言えば、僕は「経理処理」が大の苦手なので、いつも確定申告の締め切り直前にバタバタするというパターンを繰り返しては、奥さんに呆れられてました。。。

「きっといい解決策があるに違いない」

そう思ってちょっと調べたところ、いま使っているクラウド会計で、レシートを写メで送れば、「AI」が自動仕分けしてくれるサービスがあることを発見してしまいました!
これで来年は作業プロセスも半減して、きっと楽しく確定申告できるのではないかと今から期待しています(笑)。
これも「仕組み化」ですよね。

f963aa212cf4e28a9bbb78049e6c2c4c_s

毎年頭を悩ませる確定申告。でもAIを導入すればだいぶ作業は楽になる時代です。今だからこそ「仕組み化」を進めてみませんか?

●「仕組み化」のメリット

全ての仕事が「仕組み化」できるわけではないかもしれませんが、
単純にワークフローを見直して、作業手順を決めることも「仕組み化」の一つです。

例えばうちの奥さんは、1週間分の野菜煮込みを作り、それをベースに具沢山の味噌汁を毎晩用意してくれますが、これだと毎日作るより7倍効率が高いですよね? 栄養価も高く、飽きもこない味なので、僕も毎晩、満足しています。

このように「仕組み化」のメリットは計り知れません。
少なくとも「仕組み化」には次の5つのメリットがあります。

時間節約
お金節約
ミスの低減
意思決定などより重要なことに腰を据えて取り組める
売上アップ

あなたが時間がかかっている作業プロセスを「仕組み化」できないでしょうか?
うまく見直せば、「時間コスト」などを大幅に削減できるかもしれません。

また、売上につながる「集客の仕組み化」ができれば、月々の売上を一定の高いレベルでキープできて、時間的・精神的な余裕が生まれるようにすることも可能なのです。

●集客の仕組み化=売上アップ

たとえば、僕が実際にやっている「仕組み化」をいくつか紹介すると、

  • ブログ記事下に「読者無料プレゼント」企画を打つ、「リスト集めの仕組み化」
  • zoomセッションの動画を撮り、会員サイトにアップする「コンテンツ化の仕組み」
  • お申し込み時の決済では銀行振込をやめ、カード決済に一本化することで「集金の仕組み化」
  • コンテンツをブログに集約。一本の記事からほかの記事を読んでもらいやすくすることで「PVアップの仕組み化」

ビジネスのゴールはお客様の満足と売上ですから、様々な仕組み化の施策を打つことで、この両方を同時に達成することができます。

●ネット上に自分のアバターを作る=時間節約

最近取り組み始めた試みとして、コンサルティングをメニュー化し、そのテキストと動画をパッケージで販売することがあります。これによって、個別にお伝えしていた内容をあらかじめ学習していただき、その分からないところ、実現できないところだけを質問していただくというスタイルをスタートしています。

これによって、ティーチングを「仕組み化」し、コンサルティングやコーチングに専念できるようになります(まだ作業途中ですが)。お客様としても動画とテキストを、隙間時間に繰り返し「スマホでチェック」できるようになります。

これは言わば、自分のアバターをネット上に作るようなもの。時間の節約になるだけでなく、お客様としても繰り返し学習できるので結果が出しやすくなります。これらの動画やテキストはまさに「資産」となります。

このように、時間節約につながる「仕組み化」は、できることが意外とたくさんあります。

  • ブログ記事を書く(見込み客がファンになってくれる)
  • 対面のティーチングをやめて教材動画に一本化
  • 集客=リスト集めを自社サイトにて「仕組み化」
  • マーケットリサーチをやめて、[質問]をネットやメルマガで募集。その答えをウェブで公開する。
  • 自らの新規顧客開拓をやめて、紹介ツールとインセンティブ(報酬)を用意
  • 資料請求をやめて、読者プレゼント応募フォームを設置(内容は同じ)
  • 銀行振込をやめて、カード決済に一本化

小さなことでも、積み上がると全体が大きな時短・効率アップにつながります。
ぜひ、コツコツと仕組みを導入していきましょう!

LINEで送る

 - 本づくりのキーポイント, 集客 , , , , , , , , , , , , , , , , ,