【出版】アマゾンが大変です!

   

LINEで送る

こんにちは、クリエイトブックスのオカビーこと岡山泰士です。
 
9784990722562

恩田憲一さんの新刊、発売前から大好評です! 人生リタイア後がオモシロイって、真実らしいですね^^

昨日、クリエイトブックスの新刊が印刷所から届きました!
恩田憲一さんの書き下ろし処女作、
 
『会社を卒業して充実した人生を送るための17の実践録』
 
この事前予約がすでに受付中なのですが、
 
 
なんとアマゾンからの注文数がすごいことになっています(笑)
 
 
初版部数がもう底をつきそうで、
先ほど追加重版(増し刷り)についてのご相談をしたばかり。
 
この勢いだと、確実にジャンル1位を狙えそうですが……
いやいや、まだ気が早いですね(笑)
 
堅実に、毎日の販促活動を続けていただいていますので、
その効果を期待して、
引き続きコツコツ日々のFacebook投稿をお願いしました。
 
 
どうも○○も効果がありそうだと分かってきたのですが……
まだ検証が済んでいないので、いろいろ確実になった時点で
メルマガ読者さんにはいち早くお伝えいたしますので
どうぞ楽しみにお待ちください!
 

販促は、やればやっただけ効果がある

 
 
実は、ほとんどの著者さんが販促活動をきちんとやっていません。
 
新刊だろうと、
処女作だろうと、
ベストセラー作家だろうと、
 
みんな「人任せ」が基本です(笑)
 
 
でも実は、販促活動の主体は著者さんです。
 
なぜかと言えば、表紙には「著者さん」のお名前が書かれていて、
内容についてもその「著者さん」が責任を持っている訳で、
 
その著者さん自らが自信を持って本をおススメいただくと、
読者も書店もすぐに納得してくれ、応援もしやすいからなのです。
 
 
もちろん版元も責任の一端を負っていますから
バックアップはしっかりいたします。
販促のためのシナリオや手順もご説明します。
 
 
でもあくまで、主役は著者さん。
これは本を「作る」ステージでも同じことです。
 
 
プレイヤーはあくまで著者。
バックアップやサポートは編集者。
 
 
この二人三脚がうまくいけば良い本ができますが、
息が合わないと、なかなかうまくいきません。
 
 
その呼吸合わせがまた、最初の本では難しいのですが、
そこは長年の経験とカンで乗りきっています(笑)
 

信頼関係を築く大切さ

 
当たり前ですが、「信頼」がベースの人間関係、
ここが無いと、スタートからつまずきます。
 
まして、一世一代の出版!というときに、
安心して任せられるかどうかが
好スタートの鍵を握ります。
 
 
僕としては、こうしてメルマガやFacebookで
日々の活動をお伝えしつつ、
 
お役に立つ情報をせっせと書き溜めて、
ブログ記事にすべてアップしています。
 
 
これだけのノウハウ、すでに本一冊分以上の内容がありますが、
全てフルオープンです(笑)
 
 
先日とある出版社の部長さんと話していて、
「岡山さんのブログ、勉強になります!」と
褒められてしまいました(苦笑)
 
 
意外とアマゾンとのお付き合いの方法など
ご存じないんですね。
 
 
やることをちゃんとやれば、
アマゾンでジャンル1位をとるのはそんなにむずかしくないですし、
その方法だってこうやってお伝えしてる訳ですから、
 
 
 
 
ぜひ、販促活動でお悩みの方は
いろいろご自分でもトライしてみて下さい。
 
それでもわからないところ、うまく行かないところがあれば
ご相談いただければ幸いです。
 
 
 
著者の販促について
 
あなたの出版&夢の実現
いつも応援しています!
 

CB


もしあなたが、

「文章で自分の想いを伝えたい」
「本を出版してみたい」
と思っているのなら、

無料e-Book『本を出版したい人のための8つのステップ』がお役に立つはずです。

いまだけ無料でプレゼントしていますので、
公開終了前にぜひダウンロードして下さい。

下のボタンをクリックしてお申込ください!
8ステップボタン

 
 
LINEで送る

 - amazon出版, 出版編, 本づくりのキーポイント