本を出版するための非常識な成功法則〜「出版界の常識をひっくり返す!②

      2016/10/21

LINEで送る

こんにちは。クリエイトブックスの岡山泰士です。 前回、「出版界の常識」ということをお伝えしました。 たとえば、よく耳にする言葉にこんなものがあります。

62ffa6414c7dccdc4757779379b5d218_s

もしあなたが誰かのために本を出したいと思っていたら、 必ず本を出すことができます。しかもちゃんとした「出版」で。 ただしそのためには「常識」に捕われないことが大切です。

【出版界の常識!?】 ・本の原稿が書けるようになるには長時間のトレーニングが必要。 ・メルマガ読者が2、3万人はいないと著者にはなれない。 ・出版準備には半年から1年は最低必要 ・最低でも5,000部は売れないと企画が成り立たない ・初期投資が100万〜数百万円はかかるので、よほどの企画でないと通らない ・全国の書店に配本しないと本は売れない。だから返品は仕方ない。 ・返品されてきた本が出版社の倉庫にあるけど、あれは資産だから問題ない ・売れるかどうかは出してみないと分からない。リスク高いから出版は慎重に! でも、これって本当でしょうか? 僕の編集者としての経験上、実際にはそんなことありません(笑) それどころか、これらの「常識」が素晴らしい著者さんの本が世に出る機会を奪い 本当はあなたの本を読めたかもしれない「読者さん」の喜びを失わせているのです。 僕にはこの状況が我慢できません!(笑) なぜなら、「出版界の常識」は簡単にひっくり返すことができるからです。

本を出版するための「非常識な成功法則」

・実は、原稿が書けなくても、本を出版することはできます。トレーニングも不要です。 ・メルマガ読者さんがいなくても、ブログさえなくても、著者にはなれます。 ・早ければ2ヶ月で出版も可能です。 ・部数は何部からでもOKです。当面必要な部数を印刷するだけでいいのです。 ・初期投資は従来の数分の1でOK。しかも販売利益が出るので、投資額を回収し、さらに利益を出すことができます。 ・一般には書店に配本すると7〜8割が返品されてきます。でも、世の中にはほぼ返品ゼロの本屋があります。 ・返品されてきた本は傷んでいます。時間もロスし、不良在庫になります。在庫は出来るだけ持たない方法があります。 ・売れる前に売る方法があります! これらの「常識とは逆の方法」をとるだけで、 出版はもっと簡単で、 誰にでも開かれた、 現実的な表現方法となるのです。 僕はこれを『非常識な成功法則』という神田昌典さんの名著にあやかって 「本を出版するための非常識な成功法則」と呼んでいます。(笑) 次回から、これら「8つの非常識な成功法則」を順番にご説明していきましょう! CB


「本を出版することで夢を実現したい」と思ったら、 「本を出版するメリットを受け取りたい」と思ったら、

  • 早く
  • できればタダで始められて
  • 最後はちゃんと売れて、利益がでる

そんな出版を実現したいと思いませんか? クリエイトブックスでは、まさにそんなあり得ないような「出版」をご提供しています。 まずは無料の電子書籍で出版の知識を仕入れて、 「出版ってこういうことだったんだ!」 と全体像を理解してください。 必ずあなたのお役に立ちます!

無料e-Book あなたも作家になれる! 『本を出版したい人のための8つのステップ』

「本を出版するのが夢だった」 「でも、どうしたらいいか分からない……」 そんな人のために、老舗出版社の元編集長が8つのステップでていねいに、わかりやすく解説。 これ一冊で、誰でもほんとうに本ができます! cb01このe-Bookを期間限定でプレゼントしています。 今すぐお申込みください。8ステップボタンご感想もお待ちしています〜m(_ _)m

LINEで送る

 - amazon出版, 本づくりのキーポイント , , , , , , , , , ,