本を出版したらどうなりたい?出版後にあなたが感じる「9つの変化

   

LINEで送る

こんにちは、クリエイトブックスの岡山泰士です。

もしあなたが「本」を出版したら、どんな人になりたいですか?
本を出版したあと、人生ががらっと変わる訳ではありません(笑)
でもきっと、小さいながらも確実な変化をご自分の中に見いだすことができるでしょう。

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

本を出版できたらどんなことが起こるでしょうか? 「出版後の自分の姿」を想像しながら、楽しい気分で原稿を書いてみましょう!きっと読者にもそのワクワクが伝わるはずです。

僕がこれまでお付き合いしたたくさんの著者さん、おそらく数百名!からなるデータベースから代表的なものをピックアップしてみましょう。

本を出版することで著者が感じる「9つの変化」

1.自分に自信が持てる

「本を出版する」ことは、誰にでもその可能性があるのですが、全ての人が「出版」したことがある訳でもありません。それは、日本人全員が高尾山に登ったことがないのと同じこと。確実に一歩ずつ歩みを進めて、テキストを書き溜め、考えや体験を本にまとめて出版したことで、確実にあなたは人生をバージョンアップしたことを実感できるでしょう。

2.伝え上手になる。

自分の考えや体験、あるいは調べたことを文章化することで、その同じ内容を人に伝えるのが格段にうまくなります。たとえばコツがあるのか、手順はどうか、失敗するとしたらどんなことか?たとえばそんな事をあなたが一度本にまとめているとしたら、それを口頭で、あるいは短い文章で、伝えることはそんなに大変ではないはず。つまりそれだけあなたの「伝える力」がアップしているのです。

3.人から信頼され、尊重される人になる。

「著者さん」という存在は、いつでもどこでも一目置かれるものです。居酒屋では上座に置かれ、親戚の集まりでは本の売きを聞かれ、あるセミナーに参加すれば、主催者に呼ばれてマイクを握らされたり(笑)。誕生日会なんて開いたことがなかったのに、みんなが勝手にお祝いしてくれた、なんていう著者さんもいました。

4.人から頼まれごとが増える。

「○○さんを紹介してくれないか」「今後の会で乾杯のあいさつをお願いします」「ご招待するからセミナーに来てください」ひとかどの人間として扱われるのは嫌な気分ではないはず(笑)慣れてしまったりせずに、いつも有り難いことだと肝に銘じてさえいれば、「あの人最近変わったよね」とヘンな噂も立たないはずです。

5.何かと人の噂に上るようになる。

「そういえばあの人本を出したらしいね」「売れてるようだよ」「もう2冊めを書き始めてるって」そんな良いニュースで話題になるのなら、嬉しいですよね(笑)ヘンな噂も広がりやすいので、著者になったあかつきにはご注意ください(笑)赤信号を渡っていたとか、コンビニで立ち読みしていたとか、そんな事で噂になった人もいます!(笑)

6.豊かで才能ある人と思われるようになる。

結婚式やお葬式、パーティーや飲み会へのお誘いがぐっと増えるでしょう。すべてに参加する必要はありませんが(きっと出版後のあなたには、やりたいことも増えるでしょうから!)、せめて弔電や祝電、あるいはお花を贈ったり動画でメッセージを送ってみましょう。あなたの読者が増える可能性がきっと高まるでしょう。

7.コメントを求められるようになる。

麻野進さんの記事でも書きましたが、メディア関係からコメントがほしいと頼まれる機会が増えます。あなたが何の専門家なのか、社会的信用や信頼が高い人かが、あなたは自分の著書で証明している訳です。新聞や雑誌、テレビやラジオ関係の人脈が増えるきっかけとなるでしょうから、たとえ忙しくても、自分の興味関心の外にあることだったとしても、無下に断ることなくなにかしらのコメントを返すクセを付けてください。これもあなたの著者としての「お役目」なのですから。

8.知らない人から握手やサインを求められるようになる。

いきなり抱きしめられたり、目の前で感動のあまり泣かれた人もいました(笑)きっとその人の人生が、あなたの著書を読んだことで変わったのかもしれません。少しビックリするかもしれませんが、握手やサイン、場合によっては「一緒に写真撮ってください!」も嫌な顔をせず(笑)笑顔で受けてあげてください。きっと単なる一読者に留まらず、あなたのファンになってくれるかもしれません

9.人から喜ばれる人物になる。

著者さんは、これまでと同じことをやっていたとしても、「実感として」喜ばれる機会が増えるものです。たとえばハガキやお歳暮なども、「本を出版した著者さん」から届いたとしたら、喜ばれるものなのです。あなたのプレゼンス(存在感、存在価値)が上がったんだなと実感するときでしょう。おごること無く、有り難く、その感謝の想いを受け止めてくださいね!

まとめ

1.自分に自信が持てる

2.伝え上手になる。

3.人から信頼され、尊重される人になる。

4.人から頼まれごとが増える。

5.何かと人の噂に上るようになる。

6.豊かで才能ある人と思われるようになる。

7.コメントを求められるようになる。

8.知らない人から握手やサインを求められるようになる。

9.人から喜ばれる人物になる。

いかがですか?

もし身近に「著者さん」がいたら、本を出版する前と、本を出版してからの後の違いを、ちょっと思い出してみましょう。その著者さん、出版後に笑顔が増えていませんか? 自身のある立ち居振る舞いだと感じることはありませんか? 声に張りが出たり、肌に艶が出たりは(笑)

頼られたり、人前に出ることが増えたその「著者さん」を、もしあなたが「いいね!」とか「自分もあんな風に活躍してみたい」と思っていたとしたら、それはそろそろあなたも著者になるタイミングだという証拠です。

そんなあなたをクリエイトブックスは応援しています。CB



無料e-Book あなたも作家になれる!
『本を出版したい人のための8つのステップ』

「本を出版するのが夢だった」
「でも、どうしたらいいか分からない……」
そんな人のために、老舗出版社の元編集長が8つのステップでていねいに、わかりやすく解説。
これ一冊で、誰でもほんとうに本ができます!
cb01このe-Bookを期間限定でプレゼントしています。

今すぐお申込みください。8ステップボタンご感想もお待ちしています〜m(_ _)m

 

 

LINEで送る

 - amazon出版, 出版編, 未分類 , , ,