本を出して新聞や雑誌に何度も登場!コンサルフィーもアップした麻野進さんの話

      2017/04/05

LINEで送る

麻野進さんは人事コンサルタント。 株式会社パルトーネの代表取締役でもあります。 本を出版したことで、麻野さんの人生は大きく変わり、いまもその変化の真っ最中といいます。

IMG_8953

みごと処女作を出版した麻野進さんは、わずか1年半で多数のメディア取材、2冊目出版、出版記念講演会、コンサル料金のアップ、研修セミナー営業など次々と夢を実現しました。

出版のビフォーとアフターでどんな変化があったのか? そしてそのプロセスとはどんなものだったのでしょうか。

本を出版する前は…

前年度決算が赤字で「ヤバい…」という焦りがあったという麻野さん。 「コンサルタントとしては単価を上げるしかない」 と切実に思い、ブランディングや提供価値のアップのための「出版」を視野に入れていました。 でもどこかで「出版は大変だろう」と思っていたといいます。

出版の準備と出版が決まったきっかけ

ちょうどその頃に岡山とお会いして、 「出版は正しい手順さえ踏めば簡単だよ」 という話を聞かされた麻野さん。 その後、クリエイトブックスの「出版セミナー」をご受講いただきました。 麻野さんは「プロフィール(著者略歴)づくり」「目次(コンテンツ)整理」「企画書づくり」とステップを踏まれて、 自分の強みやユニークさを再発見し、さらに企画書の方向性を定めつつ、 参加者どうしでシェアをしたり、フィードバックをもらい、どんどんとブラシュアップされました。 麻野さんが商業出版を実現したのは、それから1年半後のこと。 とある出版パーティーで東洋経済新報社の編集者と意気投合し、すぐに雑誌連載と書籍出版の話がまとまったといいます。

出版後に体験した新しい世界

いまは1冊目の『「部下なし管理職」が生き残る51の方法』を出版して約1年半が経ったところですが、 様々な変化を感じているといいます。

1.新聞、雑誌に記事掲載された

「日刊現代」 「プレジデント」 「東洋経済」 「ダイヤモンドオンライン」 「ビックトゥモロー」 「週刊朝日」 「アエラ」 とたくさんの雑誌や新聞に取りあげられた麻野さん。 中でも「週刊朝日」はスマップの解散騒動の事件中に「もしサラリーマンだったら、この後出世するか?」と 記者からコメントを求められ、著者の役得を実感したといいます。

2.2冊目、3冊目の出版につながった。

実は「日刊現代」の記事を読んだ50代編集者から2冊目の本の出版のオファーが届いたそうです。 (『ポジティブな人生を送るために50歳からやっておきたい51のこと』かんき出版刊) いまはさらに3冊目の原稿を相方と一緒に書き進めているとのこと。 完全に「著者=専門家」としてのポジショニングに成功されました。

3.出版記念講演会を開催し、100冊完売!

八重洲ブックセンターの出版記念講演会で75冊を売り上げ、 その後も伸びたことで、「100冊越え!」を達成しました。 これは一つの書店での売上としては、なかなか達成できない数字です。 八重洲ブックセンターのビジネス書ランキングで堂々の2位にもなりました! 書店さんにとっても、販促につながるから著者講演会を開く意味がある訳で、 きちんと期待に応えた結果を残したことは、必ず次につながります

4.営業しやすくなった

これまでのお客さんに自分が書いた本を渡したり、ご新規さんにも名刺代わりに本をお渡しすることで、 新規契約や次の仕事にもつながりつつあるそうです。 「新しい契約がとりやすくなってるし、営業しやすさはある」と麻野さん。

5.コンサル料金の単価アップ

本を渡すと研修単価をあげやすいし、強気のコンサル単価にあげました」 出版以前からお付き合いのあるセミナー会社からは「プレッシャーだなー」といわれているそうです(笑)。 これは、セミナー会社では著書がある人はAランクで、 著書のない人はBランク、あるいはその下のランク、と明らかに「区分け」をしているから。 当初の目標だった「単価アップ」の効果を実感しているといいます。

6.研修セミナーの販売につながった

2冊目の出版社は、著者が講師になる「研修セミナー」を売っているとのこと。 「本の宣伝にもなるので、研修を営業してもらえることはありがたい」と麻野さん。 しかも、従来から付き合いのある研修ベンダーに比べると単価が良いそうです。

まとめ〜出版して何が変わったか?

出版後の1年半の展開、変化は大きい!と実感する麻野さん。 一番大きいのはやはり、「コンサル料金の単価アップ」が実現しつつあること。 加えて「営業しやすさ」「知名度アップ」が実感できるといいます。 でもそれだけでなく、本を書きだすと使命感のようなものが出てきて 「サラリーマンがもっと楽に、もっと会社に貢献できるようになってもらいたい」 というメッセージを伝えたいと麻野さん。 「自分としてはもっとブレークするかと思ったけれど、確実に積み上がってきている。そんな気がします」

IMG_9082

クリエイトブックスも応援させていただいた麻野さん。いまは3冊目を執筆中です!

と笑顔を見せてくた麻野さん。 クリエイトブックスも、全力で応援しています! CB


無料e-Book あなたも作家になれる! 『本を出版したい人のための8つのステップ』 「本を出版するのが夢だった」 「でも、どうしたらいいか分からない……」 そんな人のために、老舗出版社の元編集長が8つのステップでていねいに、わかりやすく解説。 これ一冊で、誰でもほんとうに本ができます! cb01このe-Bookを期間限定でプレゼントしています。 今すぐお申込みください。8ステップボタンご感想もお待ちしています〜m(_ _)m

LINEで送る

 - お客さまの声, 夢実現, 夢実現インタビュー , , , , ,