電子書籍をアマゾンからさくっと出版する方法

      2016/01/14

LINEで送る

今や本当に「誰でも」出版できる時代です。
それを可能にしたのが「アマゾンKindle」。
ご存知ですよね!

紀伊國屋書店やTSUTATYAを抜いて、実質日本一の本屋「Amazon.co.jp」が、
総力を挙げて端末を開発し、
もっとも簡単に、いつでも誰でも「出版」の夢を叶えられるようになりました。

電子書籍は幅広い世代でじわじわと浸透してきています。

電子書籍は幅広い世代でじわじわと浸透してきています。

電子書籍の存在を知ってはいても、実際にを買った事がある人はまだそう多くはないし、
さらには「普段から読んでいる人」となるとまだまだ少数派。

でもそれだけに「成長余力がある」のは間違いなく、
著者として参入するのは、実は今がベストタイミングです。

電子書籍をアマゾンからさくっと出版する方法

あなたはワープロソフトの「Word(マイクロソフト)」を使っていますか?
または、マック標準のワープロソフトである「Pages(アップル)」を使っていますか?

これらのワープロソフトを使えれば、アマゾンから電子書籍を出すのは簡単です(笑)
次の①、②、③ステップで「出版」出来てしまうのです!

①Kindleで出版するためのテキストをまとめる

次の3種類のファイル形式のいずれかでテキストをまとめましょう。

・Word
・e-pub
・pdf

「Word」ではe-pubファイルは作れませんが、pdfなら簡単に作れますので、問題ありません。

②アマゾンのKindleページから電子書籍ファイルをアップする

ログインして(事前登録が必要です)あなたのファイルをアップロードします。

③表紙を作り、②同様に表紙画像ファイルをアップする

これも同じくワープロソフトで作る人もたくさんいます。ファイル形式はjpgやtifです。

どうですか? 超簡単だと思いませんか?(笑)
たったこれだけですが、かかる費用はゼロ円。
しかも、本が売れれば売れただけ「印税」としてお金を受け取る事ができるのです!

詳細は下記をご覧下さい。
https://kdp.amazon.co.jp/

電子書籍はなぜ売れない?

出版そのものが簡単になったのは喜ばしいのですが、
電子書籍が「売れ行きがいい」とはなかなか言えないのも事実。
なぜだと思いますか?

答えは簡単です。

わざわざお金を出してまで買いたい「商品」とは言いがたいものが、まだまだ多いから。
文字通り「玉石混淆」なのです。

では、どうやって「玉」を見分ければいいのでしょうか?
ベストセラーリストから選ぶのが一番手堅いのですが、
ほしいものを探しているときには、次の3つしか手がありません。

①レコメンド(アマゾンのカスタマーレビュー)をチェックする
②著者名で判断する
③出版社で判断する

結局、「編集」するしかない!

では今度は、どうすれば読者が喜んでくれるテキストを用意できるでしょうか?

それには、第3者的に読んで、著者にフィードバックしてくれる存在が絶対必要です。
それが「編集者」という存在なのです。
著者と編集者は二人三脚。
ひとつのクリエイティブな「本」という存在を世に放つためには、
実は作家(著者)の存在だけでなく、黒子的な「編集者」が必ず居ます。

あの有名な作家にも、この作家にも、ほぼ100%編集者がサポートしています。
では、編集者とはどんな存在で、何をしてくれるのでしょうか?

編集者にお願いできる5つのこと

①テキストを読んで適切なフィードバックをもらう
②タイトル+表紙デザイン=売れる表紙作り!
③読者想定+目次構成=売れる企画作り
④出版前の制作進行管理
⑤出版後の販促活動

最低でもこの5要素がそろっていないと、
「わざわざお金を出してまで買いたい本」にはなりえません。
でも、よく考えたらどれも当たり前の事だと思いませんか?

どれひとつ手抜かりがあっても「商品」とはならないのです。

これまで編集者は出版社と契約しないと出会えない、どこか遠い存在でした。
でもこれからは、編集者に直接、相談できる時代

あなたももし出版したければ、下記にお問い合わせください!

無料相談ボタン

 

LINEで送る

 - amazon出版